« 印象 | メイン | 想定の範囲内 »

2005/09/01

コメント

ぢぅん

やはりと言うべきか…。
http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_09/g2005090505.html

友人はiTunesを使ってますが、ライブラリは現在120GBだそうで(驚)。

tani-k

□ぢぅんさん
はははは...はぁ...(溜息)

将来的にはアーティストも単に楽曲の演奏を記録したデータ以上の物を売り物にしていかないと、なかなか儲からなくなるのかもしれませんね。

例えば、楽曲だったら数テーク分とか、自分でトラックをミックスできるとか、映像だったら3D映像とか(もちろんハードの進化も必要ですが)、楽器使いとしては、-1テープの映像版があって、その中に埋没できたりしたら最高ですよね。

そうしたらまた容量が必要になってパッケージソフトが復活するかも。Blue Rayなんかも単に「容量上げて綺麗な映像」だけでなく、そういった新しいコンテンツについてもっと考えるべきだと思うのですが。

この記事へのコメントは終了しました。